沖縄美味しい郷土料理

nhghrfts
沖縄には美味しくて栄養満点の郷土料理がたくさんあります。
沖縄旅行に行く際には、レンタカーを借りて移動し、沖縄中の自然と郷土料理を味わってみてください。

栄養満点で長生きできるからだを作る『ゴーヤーチャンプルー』

ゴーヤーチャンプルーとは、チャンプルーの中でもニガウリを炒めて作った代表的な郷土料理です。
沖縄県に長生きする人が多い理由として、伝統的な食物であるゴーヤーをよく食べることがその一つとしてあげられています。
ゴーヤーは健康に効果的なあらゆる栄養素がとても豊富に含まれている野菜で、夏野菜の王様と呼ばれている野菜の一つです。
具体的には、ベータカロテン(ビタミンA)、ビタミンB1・2、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウム、食物繊維、葉酸が含まれています。
数あるゴーヤーの栄養素の中でも、モモルデシンはゴーヤー特有の栄養素で、食べ物の中ではゴーヤーから初めて検出された苦味成分です。
肝機能を高めることで疲労を回復し、自律神経を調整し、血糖値を下げ、血圧を整え、胃液を分泌させて食欲を促す効果があります。
チャンプルーとは野菜や豆腐などのいろいろな食材を炒めた沖縄料理の総称で、沖縄の方言で「ごちゃまぜ」という意味があります。
ニガウリを使った場合は『ゴーヤーチャンプルー』、もやしを使う場合には『マーミヤーチャンプルー』など、メインとなる食材の名前を頭につけることが特徴です。
チャンプルーの語源は、マレー語やインドネシア語の『チャンプール』であるとされています。

沖縄で馴染みが深く由緒正しい『沖縄そば』

沖縄そばとは、県内で1日あたり15万食以上も食べられているほどに馴染みが深い沖縄の代表的な郷土料理です。
中華めんと同様の製法で、そば粉を使わずに小麦粉からめんを作っており、そばとうどんの中間のサイズとなっています。
豚骨と鰹節からダシを作った澄んだ色のダシが特徴です。
具は三枚肉とかまぼこ、ねぎを乗せています。
沖縄県内では、方言で「すば」または「うちなーすば」とも呼ばれています。
沖縄そばの起源は、1534年、琉球王の四十九日供養に中国語で汁そばを意味する粉湯を献上したことです。
以後、そのまま琉球王国の宮廷料理となり、明治時代以降は裕福層に好んで食べられ続けました。
そして、戦後は庶民にも沖縄そばが広がり、沖縄中でさまざまなお店が沖縄そばを作っています。

味にコクがあり、低脂肪で低カロリーの薬膳料理『いかすみ汁』

いかすみ汁は沖縄県で古くから薬膳料理として親しまれてきた健康的な料理です。
名前の通りイカ墨に加えて、イカと豚肉、玉ねぎやニンジンなどの野菜を入れたらカツオと昆布のだしで煮込みます。
真っ黒なイカ墨は、イカの身以上の濃厚な味わいが特徴です。
イカ墨は、ムコ多糖(ペプチド複合体)、ビタミンB1・2、タンパク質、タウリンなどの栄養素が豊富に含まれている食材です。
この中でも特に、イカ墨に多く含まれるムコ多糖は病原体やウイルスを撃退してくれるので、ガンの予防にも効果があります。
さらに、ムコ多糖は関節の潤滑油的な役割も果たす成分であり、関節や血管を柔軟にすることで、関節痛を緩和し、椎間板ヘルニアを予防してくれます。
ゴーヤーチャンプルー、沖縄そば、いかすみ汁は、日本の農林水産省が選んだ『農山漁村の郷土料理百選』にも認定されている代表的な郷土料理です。
沖縄旅行に行った際には、是非とも味わってみてください。