泡盛は沖縄で幅広く親しまれている伝統ある蒸留酒です

泡盛とは、あらゆる沖縄料理の調味料としても使用されることがある蒸留酒です。
泡盛は600年の歴史をもつ日本最古の蒸留酒と言われるほどに長い間親しまれてきたお酒です。

『泡盛』には血栓を溶かすことで血液をサラサラにする効能があります

泡盛を適切な量を考えて飲み続けることで、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓症を防ぐことができます。
泡盛には繊維素溶解酵素の活性化を促し、血栓を溶かすことで血液をサラサラにする効能が存在するからです。
また、泡盛は他のお酒と比べて非常に低カロリーなので、女性にも幅広く愛飲されています。

泡盛に含まれているカフェー酸が動脈硬化や腎不全、がんを予防してくれます

泡盛の製造に必要不可欠なものに黒麹菌という菌があり、この菌はフリーラジカルを除去することで動脈硬化や腎不全、糖尿病、がんなどを予防してくれます。
具体的に除去する役目を果たす栄養素は、黒麹菌に含まれるカフェー酸という成分です。
カフェー酸とは、ポリフェノールの一種で、がん細胞の発生や老化を促進するフリーラジカルを除去する働きがあります。

泡盛の独特な香りや味わいを生み出している秘密はタイ米にあります

泡盛は、14世紀頃の琉球王朝時代にシャムという現代のタイにあたる国との貿易から製造法が伝わりました。
原料には一部の銘柄を除いて、主に細長い形状が特徴であるインディカ種のタイ米が使用されます。

タイ米を使用する理由は、日本のお米であるジャポニカ種に比べて比較的硬質でさらさらしているので、黒麹菌が黒糸を伸ばしやすいため、米麹をつくりやすくするからです。
その結果、泡盛独特の香りや味わいが生み出されます。

泡盛は沖縄で幅広く親しまれている蒸留酒で、さまざまな効能も認められています。
沖縄旅行では、ぜひとも本場の泡盛を堪能してみてください。

関連する記事