豚肉と昆布をあわせて長寿を生み出すクーブイリチー

クーブイリチとは、豚肉と昆布をあわせて使った沖縄で親しまれている郷土料理です。
長寿の県として有名な沖縄の郷土料理の中でも特に栄養価が高い長寿料理の一つです。

『クーブイリチー』とは豚肉と昆布を煮込んだ長寿を生み出す沖縄の郷土料理です

豚肉と昆布を中心に、かまぼこや糸こんにゃく、にんじんなどを一緒に煮て作る料理がクーブイリチーです。
豚だしを使って煮込みますが、煮汁を少なくして炒め煮にすることがポイントです。
沖縄県の数ある郷土料理の中でも長寿料理の一つとして有名で、還暦や米寿の長寿を祝う膳では必ず作られます。

クーブイリチーは、お祝いの場以外には、お酒のつまみとしても好んで食べられている料理です。
豚肉と昆布のだしが乾燥した野菜にじっくりと染み込んで凝縮されているので、泡盛の味ととてもよく合います。

クーブイリチーは豚肉と昆布の効能を相乗効果で引き上げている料理です

クーブイリチーは、豚肉と昆布を一緒に煮込むことで、お互いの効能を極限まで活かしている料理です。
昆布のぬるぬるした触感はアルギン酸が生み出しているのですが、アルギン酸にはコレステロールを体外に排出する働きをもった物質が含まれています。
アルギン酸を含んだ昆布をいっしょに食べることで、コレステロールが溜まってしまう欠点を解消し、豚肉に含まれているタンパク質とビタミンB1を効率よく摂取することが可能です。

さらに、昆布そのものにも豊富に食物繊維が含まれています。
ですから、クーブイリチーを食べることで、豚肉の栄養で体力をつけて貧血や夏バテを防ぎつつ、昆布の効能で生活習慣病の一種である脳卒中や高血圧を予防できます。

クーブイリチーは長寿を祝う場でも必ず用いられる長寿を生み出す沖縄の郷土料理です。
沖縄を訪れた際には、ぜひとも一度食べてみてください。

関連する記事